安心な浴室にリフォームを

仕事で疲れて返った夜には自宅のお風呂でのんびりしたいものです。

浴室は常に湿っているということもあり年数がたつと劣化していき、掃除をしてもカビなどが除去しきれずに目立ってしまうこともあります。

浴室のリフォームを考えている方はどのような点に気をつけたらよいでしょうか。

まずは家族で話し合って浴室の機能について見当します。

自動で掃除する機能を希望するなど決まった会社の浴槽などを取り入れたい場合にはそれをリフォーム業者に伝えます。



特定の会社にこだわりがないのであれば機能面を重視します。

コストを最優先でということでしたら、最新のものでなく少し古いタイプの製品を使うことで費用を抑えられます。



予算は50万から高くても100万円というケースが多いようです。
日本の浴室は冬に寒いことが多く、高齢者は安心して入浴できないということがありました。

現在人気のリフォームは浴槽と浴室全体の保温性を高めることでヒヤっとすることのないようにしたり、バリアフリー面を重視して手すりをつけたり段差をなくすなどということです。



アルミサッシを使用した窓だと機密性が高くても熱伝導率が高いので冷機が室内に伝わって、すぐに部屋の中が寒くなってしまいます。

樹脂素材や2重窓などにすることでこの問題を解決できます。


大掛かりな工事であれば日数を必要とすることもあります。価格や工事内容について複数のリフォーム業者で見積もりをとってみましょう。